建てたい家が建てられる!三河エリア(岡崎・豊田)の注文住宅比較ナビ

世界にひとつだけの住まいを…三河エリア(岡崎・豊田)の注文住宅まとめサイト

三河地区(岡崎・豊田)のオススメ注文住宅会社BEST3
グルービーホーム
コストを抑え大手に負けないクオリティを実現!
引用元:グルービーホーム(http://groovy-home.jp/)
住友林業
「木の家」に大いなるプライドを持つ大手ハウスメーカー
引用元:住友林業(http://sfc.jp/ie/)
フリーダムアーキテクツデザイン
独創的なアイディアとデザイン力が特徴の建築設計事務所
引用元:フリーダム(https://www.freedom.co.jp/)

注文住宅会社選びのポイント

家を建てるなら、やはり信頼できる会社にお願いしたもの。

特に、こだわりや想いのつまった注文住宅の場合は、なおさらでしょう。

今回はハウスメーカーや工務店、設計事務所などの業者選定や、注文住宅会社の選び方についてご紹介します。

「ハウスメーカー」「工務店」「設計事務所」それぞれの特色は?

選び方

注文住宅を建てるにも、依頼する業者にさまざまな形態があることをご存知ですか?

ここでは、それぞれの特色についてご紹介していきます。

まずはハウスメーカーですが、本来は積水ハウス・セキスイハイム(積水化学工業)・大和ハウス・パナホーム・ヘーベルハウス(旭化成ホームズ)・ミサワホーム・住友林業・三井ホームの大手住宅メーカー8社を指す言葉として用いられてきました。

最近では、そのほかの新興住宅メーカーに対しても使われることがあり、日本全国でサービス展開をしている住宅会社全般に使われることが多いようです。

大手ならではの強みとして部材の生産から設計、施工まですべてがシステム化されており、コストを抑えられる点が挙げられるでしょう。

さらに、ニーズに合わせた土地探しから資金計画、そしてアフターサービスまでと家づくり全般に関するサービスを展開しているのが特色です。

工務店は戸建て住宅を請け負う建築専門の建設業者の中で、地場産業として根付いている業者を指すケースが多いようです。

戸建て新築住宅建築にともなう職人手配や管理を行い、工事全体を監督するのが工務店となります。

最後に、設計事務所ですが、自由度が高く、建築主が希望するものにより近い設計を行うことができるのが設計事務所です。

設計事務所が工務店に依頼して施工をし、監理は設計事務所が行うため、適切な管理のもと家を建てることが可能となります。

「信頼関係が構築できるか」がポイント

 信頼

注文住宅を依頼する会社の選び方として、一番のポイントはどのような点になるのでしょうか。

先ほど挙げたハウスメーカーや工務店、設計事務所などの特色を踏まえて、依頼したい業態の会社を決めたら、次は実際にどの会社に依頼するかを検討します。

「家を建てる」というのは、人生の一大イベントと言えます。それなのに、家を建てる注文住宅会社を意外とさらりと決めてしまうケースが多いのです。

住宅構造やデザイン、建築工法など、注文住宅会社によって特徴があるということを見落としがちな方が、驚くことに多いというのが実情と言えるでしょう。

ぜひ、依頼をする業者を決める時には慎重に、時間をかけてください。

「では、おすすめの注文住宅メーカーは?」と思われるかもしれませんが、注文住宅メーカー選定に対して「ここはお勧め!」というランキングは、一般的に存在しません。

「フィーリングが合う、合わない」「この会社なら信頼できそう」といった感覚は一人ひとり異なり、なかなか一概には言えないのです。

注文住宅を依頼するなら、その業者選びはぜひ時間をかけて、じっくりと行ってください。そうすることが満足のいく家づくりの第一歩と言えるでしょう。

ハウスメーカー選びのコツ

ハウスメーカーは基本的に仕様が決まっていて、一棟ごとに設計図面を書く必要がなく、施工も自社で行います。

建築資材も自社で生産しているケースも多いため、コスト的には非常に魅力的なものが多いのが特徴の一つと言えます。

また、自社で設計施工を行うので、工事費あらかじめ明確になっているというのも魅力と言えるでしょう。

全国規模で展開している企業が多く、大手ならではのアフターサービスなどの充実も、安心感につながります。

数ある工務店から会社を決めるには?

工務店に依頼をしよう、と思っても、工務店という存在自体が多くあるため、どの工務店に依頼をすればいいか悩まれる方も多いと思います。

工務店のなかでも、おすすめなのは新築住宅のみを取り扱っている、もしくは新築を主業務としている会社です。

注文住宅を建てるのと、建売を建てるのでは複雑さが違い、長期的な視野も必要とされます。

新築注文住宅をしっかりこなせる職人がいるということは、信頼できる工務店であるという一つのものさしになるのです。

設計事務所選びのポイント

設計事務所に依頼することを決めたら、次はどの設計事務所にするかを選ばなくてはいけません。

注文住宅は、実際に施工をする工務店に指示するための図面を、ゼロベースから一棟ごとに描く必要があるため、設計事務所の場合はかなりの手間がかかります。

その分費用もかさみますが、自由度が高く、建築主のイメージにより近い家を実現することが可能です。

そして、変形地や狭小地などに対しても、柔軟にデザインできるため、結果としてハウスメーカーに依頼するよりも安くつくケースも。ただ、ひとつ注意が必要なのが工事費です。

設計事務所の場合、設計を終えて見積りをとった時点で初めて工事費が判明します。

建築家を決める時点では、工務店が請け負う正確な工事費は分からないというのも設計事務所のデメリットです。

法令・予算以外の制約は一切なく、完全な自由設計が可能で、いかなる工法や仕様も選択することができます。

制約がないことの本質的な意味は、それぞれの家族のライフスタイルや土地の環境に合わせた設計を、全くのゼロベースで考えることができ、施工者の都合よりも、住まい手の生活スタイルや周辺環境を考慮した設計ができるということです。

ハウスメーカー、工務店、設計事務所、それぞれの良さを理解した上で、依頼する会社の選び方としては、とにかく自分たちが信頼出来ると感じた担当者がいるところを選びましょう。

それが、注文住宅を建てる時のコツなのです。

三河エリアの注文住宅会社おすすめ3選