建てたい家が建てられる!三河エリア(岡崎・豊田)の注文住宅比較ナビ

世界にひとつだけの住まいを…三河エリア(岡崎・豊田)の注文住宅まとめサイト

三河地区(岡崎・豊田)のオススメ注文住宅会社BEST3
グルービーホーム
コストを抑え大手に負けないクオリティを実現!
引用元:グルービーホーム(http://groovy-home.jp/)
住友林業
「木の家」に大いなるプライドを持つ大手ハウスメーカー
引用元:住友林業(http://sfc.jp/ie/)
フリーダムアーキテクツデザイン
独創的なアイディアとデザイン力が特徴の建築設計事務所
引用元:フリーダム(https://www.freedom.co.jp/)

耐久性・耐震性

注文住宅の耐久性を決定する3つの要素について調査。耐震性の向上のための構造の種類とそれぞれの特徴についても解説しています。

住宅の耐久性を左右するもの

耐震性で考える注文住宅。家の耐久性を決定する要因は(1)材料の違い(2)施工品質・工法(3)メンテナンスの3要素と言われています。

耐久性は住まいづくりにおいては重要な要素の一つ。高耐久とは一般的に構造材や外壁材に耐久性の高い材料が使われてると考えられがちですが、それだけでは長持ちする住宅にはなりません。

どれだけ優れた材料が使われていても、耐震性が低ければ地震に弱く修繕を繰り返さなくてはなりません。また、建物を構成する中には設備機器や配管、防水材等、比較的寿命が短いもの(15年程度)もあります。こうした設備が容易に交換できればメンテナンスも楽になり、長持ちする注文住宅と言えます。

その他、耐火性能に優れている、ライフスタイルの変化に応じてリフォームがしやすい構造などが住宅を長持ちさせるためのポイントとなっています。

材料や工法・構造の違いが耐久性に深く関わっていることは間違いありません。ですが、建物の修繕は必ず起こることと考えると、3番目のメンテナンス性能はとても重要

定期点検とメンテナンスしやすい構造であるかが高耐久性のカギを握っていると言えるでしょう。

耐震性能が高い家の構造とは

地震に強い家の構造には耐震構造、制震構造、免震構造の3つがあります。

  • 耐震構造

建物の基礎や柱などを強固なものにする、筋交いなどの入った耐力壁で揺れに対抗するなど、建物の強さで地震の揺れに耐える構造のことを言います。

  • 制震構造

建物の壁などに制震装置を組み込み、地震エネルギーを吸収して建物の揺れを小さくするので大地震でも建物のひび割れなどを少なくできます。地震の揺れは20~30%程度減らすことが可能です。

  • 免震構造

建物の基礎部分と土台の間に、鉄板と特殊なゴムを交互に重ね合わせた「積層ゴム」や、振動エネルギーを吸収するダンバ(振れ止め)などの免震装置を取り付け、地震の揺れを直接建物に伝えないようにする構造になっています。建物と地盤を切り離す効果があり、地震の力を40~60%カットできます。

建物を中心に耐久性・耐震性について説明してきましたが、忘れていけないのが地盤対策です。建物をどんなに頑丈にしても地盤が緩んでいては意味がありません。

耐震性を真剣に考えるのであれば、地盤調査をして程度に合わせた基礎をつくることが重要です。

従って、建設業者を選ぶ際には、どれだけ地盤調査に力を入れているか確認することが必要になってきます。

三河エリアの注文住宅会社おすすめ3選