建てたい家が建てられる!三河エリア(岡崎・豊田)の注文住宅比較ナビ

世界にひとつだけの住まいを…三河エリア(岡崎・豊田)の注文住宅まとめサイト

三河地区(岡崎・豊田)のオススメ注文住宅会社BEST3
グルービーホーム
コストを抑え大手に負けないクオリティを実現!
引用元:グルービーホーム(http://groovy-home.jp/)
住友林業
「木の家」に大いなるプライドを持つ大手ハウスメーカー
引用元:住友林業(http://sfc.jp/ie/)
フリーダムアーキテクツデザイン
独創的なアイディアとデザイン力が特徴の建築設計事務所
引用元:フリーダム(https://www.freedom.co.jp/)

間取り

間取りを作成するときのポイントを紹介。自由度が高い注文住宅だからこその考えがあります。間取りにかんする失敗談も集めました。

間取りを考える際のチェックポイント

注文住宅といえば、自分らしい・家族にやさしい自由設計が特徴。普段の生活を考慮した間取り設計がポイントになります。

  • 優先順位をつけて間取りを考える

広いリビング、広い寝室、独立した子供部屋とできれば書斎も欲しいなど、家を建てる前は色々な希望が頭の中を飛び交い、想像が膨らみます。しかし、スペースには制限があるため、すべて実現するのは困難でしょう。

目的を実現させるためには、何かを諦めるといったことも必要。それには希望項目を整理して、優先順位を決めておくことが重要です。

そうすれば間取りを考える場合も、目的がハッキリするので、納得できる家を建てることができます。

  • 図面に家具や家電製品を置いてみる

間取り図は、窓の位置や部屋の広さなどはわかっても、家具を置いた状態まではわかりません

図面上では広くても「実際にモノを置いてみると狭かった」ということもよくあることです。

こうした失敗を防ぐには、図面に家具や家電製品を書き入れたり、紙でその形に切り取って置いてみるとよいでしょう。ドアの開け閉めや、タンスの引き出しなど動く部分にも注意を払い、問題のない広さかどうか見極めることが大切です。

  • 動線を考えて一日過ごすことを想像してみる

家具などを図面上に配置したら、その家で生活している姿をイメージしましょう。起床してから、洗濯や買い物、料理を作って食事、就寝までの一日の流れを考えます

ベランダが2階にあるので、1階で洗濯すると干すのが面倒だとか、お客さんが訪ねてくると見せたくない部屋を通さないといけないなど、人の動きや視線に注意して考えてみるのがポイントです。

大平原の真ん中に一軒家を建てることはまずありませんから、隣接する家や道路、騒音なども含めて考えてみてください。

注文住宅の間取り失敗談

念願のマイホームを手に入れ、家具や室内装飾なども揃えて実際に住んでみると、“こんなはずではなかった”ということも出てきます。建ててからではもう遅い失敗談を紹介しましょう。

  • リビングルームにソファを置いたら意外と狭い。
  • ドアを開いておくと玄関から食卓が丸見えになる。
  • 階段下収納はいいけれど暗くて、懐中電灯が必要。
  • トイレを広くしたらトイレットペーパーが取りにくい。
  • 寝るだけだからと思って寝室を7畳にしたらテレビが置けない。
  • コンセントの位置が悪くて、掃除の時に差し替えてばかり。
  • 道路側に寝室があって、思ったより車の音がうるさい。
  • 吹き抜けは開放感があっていいけれど、来客時に会話が2階にも響く。
  • 来客用にリビング横に和室を作ったけど使うことがない。
  • 玄関が光を採り入れる構造になっていないのでいつも暗い。
  • 洗濯物を干すのにバルコニーの幅が狭すぎた。
  • オープンキッチンはいいけれど調理のニオイが家中広がる。

以上のように図面上では問題ないと思っていても、生活してみると予想していなかったことが起きてきます。このような間取りの失敗をなくすためにも、経験豊富な注文住宅メーカーさんとよく相談してみるようにしましょう。

三河エリアの注文住宅会社おすすめ3選