世界にひとつだけの住まいを…三河エリア(岡崎・豊田)の注文住宅まとめサイト

HOME » 目的別・注文住宅の施工事例集in三河エリア(岡崎・豊田) » 2世帯住宅で家族団らんが実現した家

2世帯住宅で家族団らんが実現した家

このページでは、三河エリアをメインに2世帯注文住宅を実現した施工事例を紹介しています。

2世帯住宅の見せ方もさまざま

近年、2世帯住宅を検討している人が増えているそうです。その理由は、親子のコミュニケーションによる心の充足や病気など、何か困った時があったときにお互いが助け合えるだけでなく、経済的にも1世帯分の土地に2軒分の家を建てれば土地代がかからないといったメリットがあるからです。

ここでは、そうした2世帯住宅を実現した例を紹介しています。1階と2階で分かれているもの、完全分離型など様々タイプはありますが、2世帯住宅のメリットを生かした事例ばかりですので、きっとその良さを感じられることでしょう。

2階建6層の大規模な2世帯住宅

グルービーホーム

駐車スペース2台分のビルトインガレージや玄関先にはバスケットゴールなどもあり、見るからに大規模な2世帯住宅です。

体育館のようにも見える外観で、3階建のようにも見えますが、実は2階建て。その代わり、ロフトまで含めると6層の階構造になっていて、家の中が迷路のように廻れます。それでもLDK部分の天井は高く設定されていて、窮屈な感じがしないのが不思議です。

親世帯と同居ですが、玄関も水廻りも別々にあるので動線、目線が交わることがない構造になっています。これだけスペースに余裕があれば2世帯でも皆が楽しく暮らせそうです。

コの字型に分離された家(愛知県某所K邸)

欧倫ホーム将来、母親との同居を見据えた上で、2世帯住宅を検討していました。お互いの距離感を保ちつつ、家族が快適に暮らせるような住まいについて考えた結果、出来上がったのはコの字型の家でした。

玄関を上がって、左側と右側に生活スペースが分離されていて、個々のプライバシーを守りつつリラックスできる環境になっています。

また、1階にダイニングキッチン、2階にリビングスペースを設けることで、LDKを分けたり、中庭にはウッドデッキが配置することで、家族全員がゆっくり落ち着ける場所も確保しています。

家族が一定の距離をおきながらも、しっかりコミュニケーションもとれるように工夫された、理想的な2世帯住宅と言えます。

シンプルモダンの2世帯住宅(安城市H邸)

檜建設玄関が1つなので、2世帯住宅とは思えないほどとてもシンプルな造りですが、しっかり1階と2階で別々に生活できるように分けられています。玄関を入るとすぐに2階に上る階段があるので、各世帯の動線が交差することがありません

北側の部屋に天窓をつけたり、洋室には高い位置に横スリット窓などを設置しているので、プライバシーを守りながらも、家の中にしっかり光が入るように工夫されています。

キッチンはセミクローズの対面式になっているので、手元を隠しながらも家族とのコミュニケーションがしやすい環境になっているので会話もはずみそうです。

2世帯住宅というと、左右に分離しているイメージがありますが、狭い敷地でも工夫次第で理想の2世帯住宅が実現できた例と言えるでしょう。