世界にひとつだけの住まいを…三河エリア(岡崎・豊田)の注文住宅まとめサイト

HOME » 需要と関心が高まる健康住宅を調査【三河エリア(岡崎・豊田)編】 » 健康住宅とは

健康住宅とは

自然素材を使った健康住宅について調べました。三河エリア(岡崎・豊田)でも建築が進んでいる理由を紹介します。

三河エリア(岡崎・豊田)でも増えている健康住宅

最近、住宅業界で話題となっている健康住宅。シックハウス症候群が騒がれ、それを防止するために建材の選定や工法を工夫することです。それにより、健康的な生活を実現する住宅のことを健康住宅と言います。

シックハウス症候群とは
塗料や接着剤などから出る有害化学物質が原因で、身体の不調が起きること。

健康住宅というとすぐに頭に浮かぶのが自然素材。三河エリア(岡崎・豊田)でも漆喰や無垢材、清活畳やケナボードなど有害物質が発生しない材料を使用した住宅がたくさん建てられています。

住人の健康を考え、自然素材をふんだんに使用した住宅のことを自然住宅と言います。多くのハウスメーカーや工務店、設計事務所などがこれに注目し、注文住宅を建てる上でのセールスポイントになっています。

自然素材には湿度の低い時には湿気を放湿し、湿度の高い時には湿気を吸収する性質があります。健康住宅の要素としては大変有効ですが、カビやダニの発生を抑えるには十分ではありません。

結露を作らず、カビやダニ発生を抑えるものとして有効なものとされているのが高断熱高気密住宅です。

高断熱・高気密住宅の特性

三河エリア(岡崎・豊田)でも広まる健康住宅結露についてもう一度考えてみましょう。

一般的な住宅の場合、暖房している部屋とそうでない部屋に温度差が生じます。温度差が生じれば結露しやすくなります。

気密性の高い家は、外気が室内に侵入するのを防ぎます。断熱性の高い家は、室内の熱が外に逃げにくくなります。高断熱高気密住宅は、少ないエネルギーで家中を一定の温度に保つことができます。

部屋によって温度差が生じないため結露防止、ダニやカビの発生の抑制につながるのです。

ヒートショックの予防にも

家中の温度が一定ということは、急激な温度変化による「ヒートショック」の予防にもなります。

ヒートショックとは
急激な温度変化により、体に及ぼす影響のこと。室温の変化により、血圧が急激に上昇・下降をすることにより脈拍などが早くなります。身体や心臓などに、想像以上の負担をかけることもあるので注意が必要です。

寒暖の差が体に負担をかけますから、高齢者や病気の人でも高断熱高気密住宅であれば安心というわけです。

自然素材と高断熱高気密の条件を両方満たす住宅を建てることが、真の健康住宅実現のための必須条件となるのです。