世界にひとつだけの住まいを…三河エリア(岡崎・豊田)の注文住宅まとめサイト

HOME » 知っとく!注文住宅のマメ知識 » 注文住宅を建てる段取り

注文住宅を建てる段取り

注文住宅が完成するまでの流れを段階別に説明しています。情報収集から見積もり、着工から引き渡しに至るまでの項目を整理。つくりたい家のイメージ固めに役立つ情報も。

注文住宅が完成するまでの流れを把握する

細かい要望の前に、まずは家作りの全体像を把握しましょう。

注文住宅が完成するまでの流れ1.イメージを固める・情報収集

注文住宅は最初にどんな家に住みたいのか、イメージをしっかり持つことが重要です。

こだわりたい部分や、間取りをどうするかなど施工事例を見たり展示場に足を運んだりして情報収集をしてイメージを明確にしていきます。

2.資金計画を立てる

家を建てるには全部でいくらになるのか総費用を計算します。本体工事費以外に地盤調査や屋外電気工事などの別途工事費、引越しなどの諸経費も含め書きだして整理するとよいでしょう。

頭金をいくらにして月々の返済額をどの程度にするか無理のない住宅ローンの計画も立てます。

3.依頼業者の選定

インターネットや住宅情報誌などで調査をして、最初に描いたイメージと近い家づくりをしているところを探します。イベントなどが開催されるようであれば行ってみましょう。

最初から1社を決めるのは難しいですから気になるところをどんどんピックアップしていき、最終的には依頼先候補を2~3社に絞り込んで相談に行きます。

4.見積り

建物の規模や間取り、外観や設備などプランが決まったら、依頼先候補に見積りを依頼します。金額が高い安いだけではなく、こちらが要望したことがしっかり盛り込まれているか、資金計画の範囲内でおさまるかなどを検討します。

5.契約締結

見積書の内容を理解して納得したら、最終依頼先を決定し契約締結へと進みます。見積書通りの家を建てるという意味で「工事請負契約」を結ぶことになります。

不明な点がある場合は残さずに必ず確認しましょう。契約時には印紙代や工事契約金(工事費用の10%)を支払います。

6.着工・立会い

契約が無事終了したら着工となります。近隣への挨拶も忘れずに、地鎮祭や上棟式を行うかどうかも検討します。

着工したら時々は現場に行って進行状況をチェックするようにしましょう。完成したら竣工検査で床や壁の傷や汚れ、設備がしっかり使用できるかなど説明を受けながら確認します。

7.引き渡し

竣工検査で気がついた不具合などの修理が終わったら「工事完了書」に捺印。鍵と保証書を受け取っていよいよ引き渡しとなります。入居後のアフターメンテナンスの内容や故障等が起きた時の連絡先も確認しておきましょう。

<補足>引渡し後の保証制度

意外と気がつかないのが引渡し後の保証制度です。注文住宅は完成したら終わりではなく、その後何年か経過すると雨漏りや壁や床のたわみが発生することも考えられます。

こうした事態に対応するための保証制度がありますので、契約の前に保証の対象、保証期間などをしっかり確認しておきましょう。

業者選びの前までに決めておきたいこと

注文住宅が完成するまでの流れは上で説明した通りですが、一番大切なのは業者を選ぶ前のイメージ固め・情報収集をしている段階。

自分の考えをしっかり持っていないと、希望通りの家を建てることは難しいでしょう。イメージを固めるために決めておきたいことは以下の通りです。

  • 注文住宅ができるまでの流れ。外観(屋根のタイプ・形状、外壁の色、ドア、窓など)
  • 間取り(リビング・ダイニング、和室の有無、書斎、廊下など)
  • 内装・素材(無垢材や漆喰などの自然素材、壁の色など)
  • 設備(バスルーム、システムキッチン、シャワートイレ、太陽光発電など)
  • 構造・工法(高気密・高断熱、耐震構造、工法の違いなど)

ちなみに、工法の違いとは次のようなものです。

  • 木造軸組工法
    仕組み柱の上に梁をのせて構造体を作る日本の伝統的な工法
  • 2×4(ツーバイフォー)工法
    柱・壁・天井の6面体で躯体を支える北米の工法
  • プレハブ
    あらかじめ工場でパーツを生産して現場で組み立てる工法

こうした基礎知識があれば、施工事例や資料を読んだりした時にこれは○○工法で建てられたものなのかというようなことがわかり、理解度も高くなるでしょう。

家づくりのイメージを固める作業は思いのほか大変。ですが、業者選びをする前にこの部分が整理されていると、実際に業者と打ち合わせをする際にスムーズに話が進むようになりますよ。