世界にひとつだけの住まいを…三河エリア(岡崎・豊田)の注文住宅まとめサイト

HOME » 知っとく!注文住宅のマメ知識 » 住宅展示場見学・完全マスター術

住宅展示場見学・完全マスター術

ハウスメーカー選びの方法と住宅展示場でのチェックポイント、準備していくものなどを紹介しています。

展示場に行く前のハウスメーカー選び

ハウスメーカーを選んでから住宅展示場に行こう!住みたい家のイメージがある程度決まったら、住宅展示場に足を運んでみると実際に建材や設備を確認できるので大変有効です。

ですが、闇雲に見て回っていては固まりつつあるイメージもかえって分散してしまい方向性が定まらなくなってしまう可能性もあります。

そのためには、自分の希望を叶えてくれそうなハウスメーカーをあらかじめピックアップしておくことが重要。ハウスメーカー選びの第一歩は、効率的に情報を集めることです。

住宅雑誌やインターネットで検索して、各メーカーがどのような工法でどんなデザインを得意としているのか、施工例なども含め徹底的に調査しましょう

そのうち、自分の希望している家のイメージに近いものを手がけるハウスメーカーがわかるようになってくるはず。複数のハウスメーカーがピックアップできたら、資料請求や直接電話してみるなどしてさらに詳しい情報を得るようにします。

お気に入りのハウスメーカーが決まったら、いよいよ住宅展示場に足を運んで、自分の目で確かめてみましょう。資料ではわからない家の質感や間取りなどを直に感じることができます。

住宅展示場でのチェックポイント

住宅展示場とは言うまでもなくモデルハウスを展示している場所のこと。展示場は情報の宝庫です。

あらゆる箇所をチェック

住宅展示場で見るべきポイントすでに完成された状態での家を実際に見ることができるので、玄関から廊下・階段、キッチン・リビング、寝室、トイレやバスルームなどあらゆる箇所をチェックしましょう。

もちろん家具も設置していますので、図面上では十分と思っていたリビングの広さが足りないと感じたり、各部屋の居心地や快適性なども実感としてわかるのが住宅展示場見学の利点だと思います。

見学をしていて気に入った箇所が見つかったら、使われている素材やメーカー、商品名など住宅設備の仕様を確認してください。また、各部屋の寸法なども測っておくと図面上のイメージと、実際の違いが後で確認ができます。

メーカーの営業マンと話すことも重要

もし営業マンと話をする機会ができたら、建築工法や地震対策、気密・断熱性、遮音性、間取りの自由度などを質問して確認します。実際に話しをすることでハウスメーカーの姿勢や相性などもわかります。

営業マンからも土地所有の有無、建築時期、予算や資金計画、家族構成など聞かれることは間違いありませんので、あらかじめ答えを準備しておきましょう。

住宅展示場に行く場合に持っていくものとして、次のものがあれば便利です。

  • 質問表
  • 筆記用具
  • メジャー
  • デジカメ
  • 電卓