ランキングに惑わされない!【目的別】2000万円台で建てる理想の注文住宅ガイド・岡崎版 » 需要と関心が高まる健康住宅を調査【三河エリア(岡崎・豊田)編】 » 土地選びのポイント

土地選びのポイント

三河と岡崎で注文住宅を建てる際の土地選びのポイントを紹介。おすすめのスポットをチェックして暮らしのイメージをしてみてください。

注文住宅の土地選びの際に参考にできる、三河と岡崎のおすすめスポットを紹介します。

土地選びはまず、周辺の環境をチェック

愛知県の三河での土地選びのポイントは、地域の環境などを見極めることも大切です。

そして、体や心に優しい健康住宅を建てることで、心地よい生活を送ることができます。自分だけではなく家族の好みやライフスタイルも考慮してください。当然自分たちだけでは困難なこともあるので、健康住宅を手掛ける業者の担当者に相談して、土地の特性や気候などを知ることも重要です。

また、地形などによっても間取りを変える必要があることも考えられますので、気になることを相談しながら探すといいでしょう。あらかじめ部屋の配置などを考えてあったとしても、土地の形状によってはかなわないこともあるので土地選びをすることはとても重要。

予算やローンのことも計画が必要なので、ファイナンシャルプランナーに相談することも検討してみてください。

岡崎のおすすめスポット情報

岡崎のおすすめスポット情報をいくつか紹介します。

まずは、康正元年(1455)に三河守護代西郷稠頼によって築いたと言われている岡崎城

松平清康が大永4年(1542)に奪取して居城としました。徳川家康が天文11年(1542)この城で誕生したと言われています。天正18年(1590)家康の関東入部後は、田中、本多、水野氏を経て明和6年(1769)から本多氏が代々、五万石を領しました。

現在、城跡は岡崎公園として開放され、本丸には、昭和34年に復元された天守閣、二ノ丸跡などがあります。岡崎公園は岡崎城の天守閣を中心に空堀や家康館、からくり時計、大手門など歴史と文化の公園となっています。「日本の歴史公園100選」にも認定されていて、桜祭りも有名ですし、見事な藤の花も見ることができます。岡崎公園案内マップは家康館や岡崎城、岡崎公園駐車場などで配布されているので、もらっておくと散策する際に便利です。

また、岡崎城から西へ八丁(870m)離れた距離にある八丁村も近くにあります。八丁味噌蔵が軒を並べる細い路地は、昔ながらの風情が残っていて、文化財に登録されている味噌蔵は大変立派で、重厚感あり重みを感じます。味噌の香ばしい香りも工場見学で堪能できますし、試食もあります。

土地を選ぶ際のポイント

地盤について

地盤はとても大切なポイントです。目に見えない部分なだけに、簡単に判断できません。地盤が弱いと地盤改良工事を行わなければならず、追加費用が発生します。地盤が弱いママだと、災害発生時に大きな被害を受ける可能性もあるのがデメリットです。例えば液状化現象が起きてしまったり、地盤が弱いので建物が地盤にめり込んでしまったりなどが考えられます。

地盤はまさに建物にとっての「基礎」になるので、業者が建築物を完璧に建ててくれたとしても、地盤が弱ければ意味がありません。地盤を意識せずに土地を選んでしまう人も多いのですが、地盤が弱ければその後の生活の中で常に危険が伴うことになります。土地は必ず地盤調査を行い、地盤改良の費用も含めた資金計画を立てましょう。

ハザードマップについて

日本は災害が多い国ですが、災害が起きた時にどのような被害が想定されるのか、いざという時のためにハザードマップが作成されています。ハザードマップを確認し、購入を考えている土地にはどのような危険が想定されているのかを把握しておくことも大切です。

日常生活の中ではまったく意識することがないかもしれません。しかし、自然災害やトラブル・アクシデントが発生した時、「知らなかった」では取れる選択肢が狭まってしまうでしょう。ハザードマップを確認し、想定される被害に納得したうえで土地を選ぶことが求められます。土地はもちろん、災害に強い住宅を建てることも重要です。

境界線を把握できるか

土地の形は様々です。歪な土地もあれば、しっかりと区切られている土地もありますが、境界線が明確な土地の方がトラブルは起きません。境界線が曖昧な場合、後々トラブルやアクシデントに見舞われる可能性があります。隣人と「物が出ている・出ていない」となった時、基準となるのは境界線ですが、境界線が曖昧な場合は解決に時間がかかるでしょう。

一方、境界線が明確であればトラブルが起きるリスクは低く、仮に境界線に関するトラブルが起きたとしても明確に「ここが境界線です」と伝えられます。注意点として、「木の形」「石の位置」などの自然に頼る境界線の場合、自然災害で位置がずれてしまう可能性もないとは限りません。トラブルに巻き込まれないためにも、境界線が明確な土地を選んでおいた方が問題ありません。

都市計画や将来的な面も考慮しておこう

土地選びにおいて長期的ビジョンはとても大切ですが、自分たちの長期的ビジョンだけではなく、周辺の土地の長期的ビジョンも調べておきましょう。

建築時は快適な空間だったものの、その後目の前に大きなマンションができて日当たりが悪くなってしまった。あるいは近くに工場ができて周辺の雰囲気が変わってしまうなどのケースも考えられます。道路ができたことで交通量が増え、それまでの閑静な住宅街が急に行き交う車の音が響くエリアになってしまうというケースも、ないとは言えません。

これらの都市計画は、行政等に問い合わせることで知ることができるでしょう。あるいは地元の不動産業者、建設業者等が既に計画を把握しているケースもあります。情報収集を兼ねて、相談してみるのがおすすめです。近くに大きな商業施設があるから便利だと思っていたものの、実は土地購入時点で既に閉店の話が挙がっていた。もしくは入居前に閉店・閉業してしまう可能性もあります。その場合も、生活の利便性は大きく変化するでしょう。

どのような用途用地なのか

土地には用途用地の設定があります。例えば第一種低層住居専用地域の場合、住宅以外の建築が制限されているのがポイントです。そのため、巨大商業施設や巨大マンションが急に登場する可能性は低いと考えて良いでしょう。

一方、準工業地域の場合、住宅だけではなく工場の建設も可能です。気付いたら近くに工場ができて、交通量が増えたり工場の稼働する音で賑やかになってしまったりなんてケースも考えられます。まずは購入前の段階で、用地用途も調べておきましょう。

2000万円台で建てる!
岡崎の注文住宅会社3選

提案・実現力で選ぶ

  • 提案・実現力で選ぶフリーダムアーキテクツの施工イメージ1枚目

    引用元:フリーダムアーキテクツ
    https://www.freedom.co.jp/
    architects/case598/

  • 提案・実現力で選ぶフリーダムアーキテクツの施工イメージ2枚目

    引用元:フリーダムアーキテクツ
    https://www.freedom.co.jp/
    architects/case604/

  • 提案・実現力で選ぶフリーダムアーキテクツの施工イメージ3枚目

    引用元:フリーダムアーキテクツ
    https://www.freedom.co.jp/
    architects/case382/

理想の間取りを設計士と
建築設計事務所

フリーダム
アーキテクツ

公式サイトを見る

電話番号:0120-489-175

電話で問い合わせる
0120-489-175

自然素材で選ぶ

  • 自然素材で選ぶてくとの家の施工イメージ1枚目

    引用元:てくとの家
    https://www.kobotect.com/
    works/1833/

  • 自然素材で選ぶてくとの家の施工イメージ2枚目

    引用元:てくとの家
    https://www.kobotect.com/
    works/higashiura_modan_kinoie/

  • 自然素材で選ぶてくとの家の施工イメージ3枚目

    引用元:てくとの家
    https://www.kobotect.com/
    works/higashiura_modan_kinoie/

自然素材推しの
工務店

てくとの家

公式サイトを見る

電話番号:0120-288-331

電話で問い合わせる
0120-288-331

知名度で選ぶ

  • 知名度で選ぶ一条工務店の施工イメージ1枚目

    引用元:一条工務店
    https://www.homes.co.jp/iezukuri/mid-8503/case/cid-21535/

  • 知名度で選ぶ一条工務店の施工イメージ1枚目

    引用元:一条工務店
    https://www.homes.co.jp/iezukuri/mid-8503/case/cid-21535/

全国で知名度抜群の
ハウスメーカー

一条工務店

公式サイトを見る

電話番号:0564-32-4881

電話で問い合わせる(岡崎展示場)
0564-32-4881